コーティングの種類

フロアを保護する施工の歴史

フロアコーティングとはフロアにコーティングを施して保護するものです。フロアの保護といえば、1950年から60年頃は油性ワックスによる施工が一般的でしたが、それ以降に水性ワックスによる施工が普及するようになりました。水性ワックスは美しい仕上がりで人気がありましたがとれやすいという難点がありました。その後さらに樹脂製のワックスが開発されたものの、耐久性に関してはあまり改善されることがありませんでした。2000年代に入ってからフロアコーティングの種類が多くなりました。シリコン系コーティングやマニキュア系コーティングに加えてUVコーティングも開発されました。最近開発されたものにはガラスコーティングがあり、人気を集めています。

フロアコーティングの今後の動向

最近長期間フロアを保護することができるフロアコーティングが人気を集めています。フロアコーティングには様々な種類がありますが、現在よく利用されている代表的なものを紹介します。まずUVコーティングは耐久性にたいへん優れているというメリットがあります。さらに薬品にも強い耐久性があり、25年間の保証を行っている業者もあります。またシリコンコーティングは最もスタンダードなコーティングで、アンモニアに強いという特徴があります。ある業者による保証期間は10年間です。さらにアクリルウレタンコーティングはリーズナブルな施工料金というメリットがありますが、3年ごとに塗り替えることがすすめられています。フロアコーティングを施していれば保護できるだけでなく毎日の掃除も楽になるため、今後ますます人気が高まるのではないかと予想されます。